匠の技

修理する際に

桐たんすを購入する価格は、製造された場所や使用されている桐の産地、大きさ、種類などにより幅があります。また、それと同じように修理費用にも違いがあります。 業者に修理を依頼する際には、あらかじめ見積もりを依頼するようにしましょう。実際に必要となる費用については、現物の状態により異なる場合もありますが、おおよその費用を知ることにより、業者選びの際の目安とすることが出来ます。また、修理方法についても業者により異なる場合があります。気になる点があるという場合には、事前に確認しておくことが重要になります。 一部ではありますが、安心して任せることが出来ない業者がいることも事実ですので、業者選びは慎重に行うようにしましょう。

桐たんすと言っても、使用される桐の産地は様々んです。その中でも、伝統的工芸品として国から指定されている桐たんすの産地が新潟県加茂・埼玉県春日部・名古屋・大阪泉州・和歌山の5箇所です。 それぞれに工法が異なりますが、以前に比べると違いはそれほどなくなってきているのが現状です。 桐たんすは修理をすることで、長く使用することが出来る収納家具として知られていますが、修理の際に国産の桐ではなく外国産の桐が使用される場合があります。修理の際に異なる産地の桐を使用することにより、後々トラブルが生じる可能性があります。桐たんすの良さが見直されているため、修理を依頼する人が増えてきているようですが、修理を依頼する際には、確認することをオススメします。